新人を部長に男3人でひたすらさわやかに贈る本格的体育会系部活動!
工藤順矢さん・西ノ園達大さんにとって ここ(湘南)は来るところ
2人は東京に帰っていきました
中学生の頃、道端をうろついていたら品川ナンバーのでっかい車に止められた。
大学生くらいの4人組に、「湘南行きたいんだけど道わかる?」
返事に困った、・・・・ここ湘南すけど。
この「湘南」、どこを言っているのか本当の所は不明。
一般的に言うと「葉山」「鎌倉」「藤沢」「茅ヶ崎」「平塚」「大磯」までが湘南。
でも、中には「二宮も湘南に入る」とか
「鎌倉・藤沢・茅ヶ崎までが湘南」と意見はバラバラ。
じゃあ 一体、湘南ってどこ?
湘南の地元民は 「湘南」 と言う言葉が 大嫌い
僕も嫌いです(笑)
よく東京の人に「どこに住んでいますか?」と聞かれると
「辻堂です」と、地元の人はどんな人に対しても「県」や「市」を飛び越えて
言ってしまうことが多いです、僕も含めて。
この場所は、地域に対する(特に海岸近辺)誇りが強くて
地域ごとで全く雰囲気が違います。
同じ藤沢市の辻堂海岸・鵠沼海岸でも全く文化が違うので、
鎌倉市など「市」が変わったらもう別世界ですね(笑)。
そんな地元意識の強いそれぞれの場所を まとめて「湘南」って呼ばれたら
地元の人はあんまり好い気がしないです。
映画「稲村ジェーン」の冒頭でもそんなシーンがありました。
「湘南」を題材にした映画は何本もありましたが、
この映画の冒頭に匹敵するほどの地元色の強いシーンは見たことがないです。
これでも「湘南」に住めますか?
「潮騒の町」と言っても、本当に「塩」。
天気が良いからって外に布団を干そうものなら、取り込む時には布団はベトベト。
買ったばかりの自転車は3ヶ月でサビついて、一年たったら使い物にならない。
ベランダのペンキもすぐに剥がれて・・・。
かなり潮風の被害は多いです。
その次は「音」の問題。
実はこの「湘南」一帯は戦闘機の通り道。
戦闘機が通ると、一切の会話が聞こえなくなる。
例えば、「昨日のドラマ、良い所で飛行機が飛んだから聞こえなかったよー」、
電話してても「ごめん飛行機通るからちょっと待っててくれ」とか。
これは東京でもそうだと思ってました。
ここだけだって知ったのはつい最近です。
波の高い日は夜中でも「ゴーゴー」って波の音が続きます
(これは波乗りにとっては良い事ですが)。
暴走族問題もまだあるので、全然「静かな町」とは言えないです。
湘南弁って知ってますか?
語尾に「べ」がつく言葉です。
結構 他の地域でも使うみたいですが、湘南弁はちょっと強気な感じがあります。
なので目上の人には使えないです(笑)。
本当に仲の良い連中同士で使う言葉なので、湘南出身の友人が
湘南弁を使ってきたら、かなり信用していると思って良いです(笑)。
「うめえべ(おいしいね)」「いくべ(行こうよ)」「ちげえべよ(違うだろ?)」
「おさまえて(押えて)」と、色々ありますが決して奇麗な言葉とは言えないです。
なので、「幼い頃に遊んだ友人や環境」でこの湘南弁を
使う人と使わない人が出てきます。
湘南出身でも湘南弁を使わない人は沢山いますよ。
結構これで育ちがわかってしまったりもするんですね(笑)。
因みに僕は 勿論 使います(笑)。