新人を部長に男3人でひたすらさわやかに贈る本格的体育会系部活動!
工藤 「ちょっとだけだぞ・・・ と言ったんだけど」
工藤 「あいつ どこまで行くんだよ!!」
工藤 「最高の波を求めて海岸をね 闊歩しているわけですけども」
西ノ園 「もうね 海も恐くない 波も恐くない」
工藤 「おお!」
工藤 「対人恐怖症ですか(笑)」
西ノ園 「もう人がいるだけで「うああ!ぶつかる!ぶつかる!(裏声)」って感じ」
工藤 「それ、引きこもり君じゃないですか」
西ノ園 「おい!」
工藤 「んまあ、でも良かったよね 海の恐さを克服して」
西ノ園 「ああ!克服した!こればっかりはサーフィン部入って良かったと思うよ(笑)」
工藤 「水恐怖症はなくなったってことですね」
西ノ園 「・・・・あとは、泳げるようになりたい」
工藤 「いちいち横に移動しすぎなんだよー」
工藤 「ちょっと、たっちゃん!部長どっか行っちゃったよ!」
西ノ園 「・・・当分帰って来ないと思うよ」
工藤 「たっちゃんは結構波に立るようになって、次の段階の、波をこう「ウネウネ」できるようになるにはまだ難しい?」
小島 「・・・・ターンのことっすか?」
工藤 「そう、ウネウネ」
西ノ園 「ウネウネしたいねー」
小島 「・・・・うーんと、ウネウネって結局は「バブル」のない場所に移動する行為すから」
工藤 「バブル?!」
西ノ園 「バブル!」
小島 「・・経済の授業じゃないんすよ」
工藤 「スープだろ」
小島 「はい、白波のことをサーフィン用語では「スープ」と言うって説明しましたよ俺!」
西ノ園 「だって泡じゃん」
小島 「今は「バブル(たっちゃん用語)」で立ってるから、取りあえず「バブル(同左)」のないところで立てるようになれば」
西ノ園 「そっか、波が波が終わった所で立ってるんだ俺は」
小島 「はい、「バブル(たっちゃん語)」で」
工藤 「でも、「バブル(西ノ園語)」でも立てるんだから」
小島 「うん、それに「バブル(たつ語)」が「バブル(やっぱり西ノ園語)」じゃなくなる時もありますから」
西ノ園 「いいよ!「バブル」「バブル」ばっかり!よくわかんねーよ!」
工藤 「・・・・マラソン選手ですか?」
西ノ園 「どこ行くんだ?どこ行くんだ?」
小島 「・・・・なんか無駄な動きがないすね」
工藤 「ないねー でも色白だったよね」
西ノ園 「俺達と同じだな」
工藤 「しかも8月の間、何してたんだろ」
工藤 「全く帰ってこないです 部長」
西ノ園 「どこにいるかもわかんないね」
工藤 「もう、根競べですよ」
西ノ園 「くーやん今日、サーフィンは?」
工藤 「今日はね、朝起きたら風邪気味だったんだよね」
工藤 「それと昨日かなり頑張ったから」
西ノ園 「・・・・昨日の「あれ」は大丈夫だったのマジで?」
工藤 「良い画が撮れたでしょ」
西ノ園 「というか・・・」
工藤 「もう、無理だわ!」
小島 「大丈夫すよ!陸上連習しますから!」
小島 「ほら、立てた」
工藤 「立ててないだろ!」
余田 「さっき立ちそうなのがあったから 次はイケるんじゃない?」
余田 「キャー!!!」
西ノ園 「うああああああ!」
余田 「・・・・今 頭に当たったでしょ・・・」
西ノ園 「・・・」
余田 「・・・ほら、頭おさえてる」
西ノ園 「ボードが降ってきたよ・・・うああ・・・血出てるんじゃないか?」
余田 「・・・大丈夫なの?」
西ノ園 「・・・」
余田 「・・・」
西ノ園 「・・・・!!なんか言ってる」
余田 「・・・」
余田 「ちょっと、クーヤン大丈夫だったの!?」
西ノ園 「血、出てるんじゃないの?」
小島 「すごかったでしょ!あれ!」
工藤 「正直、何が起こったか覚えてないんだよね」
小島 「やばかったすよー!俺の目の前で「ゴン!」って鈍い音しましたもん」
西ノ園 「見た時に、「あれクーヤン死んだ?」って思った」
工藤 「テープがないから早く帰ってこい!って言ったんだけどなあ」
西ノ園 「それよりもあなたのいでたちの方が撮り甲斐があるよ」
工藤 「あいつ移動ばっかするから」
西ノ園 「朝早くからロケしてんのにね」
工藤 「・・・もう、眠くて仕方ありません」
西ノ園 「・・・・今、何時?」
工藤 「・・・9時」
西ノ園 「・・寝てようよー」
工藤 「・・俺も全くやる気はないんだけどね」
西ノ園 「6時に起きてサーフィンするんじゃなかったの」
工藤 「俺は一度6時起きたんだけど なんかやばいなって、起こさなかった」
西ノ園 「何?やばいって」
工藤 「・・・・・・やりたくねえなって」
西ノ園 「・・・」
工藤 「・・今日の波は?」
小島 「昨日よりちょっと高いかなあ」
工藤 「・・・あの皆がやってる 車に入るくらいのボードを一度やってみたいなあ」
小島 「え?なんで?」
工藤 「海まで持っていくの楽だから」
小島 「・・・」
工藤 「重いんだもん」
西ノ園 「ショートボードは難しいの?」
小島 「あれだと7日間くらい合宿しないと厳しいす」
西ノ園 「マジで! ショートボードの人達はすげえんだ」
小島 「いや、ショートボードは立つまでが難しくて 立ったら結構簡単なんす ロングは立つまでは簡単 後が難しいんす」
工藤 「・・・・・・その簡単なロングにも立ってないんですけど」
小島 「あ・・・」
西ノ園 「やりたくねえ・・」
小島 「・・・一度 飯食いがてら波を見て決めましょか」
工藤 「いやだなあ・・」
工藤 「イエーイ 二日目!!」
西ノ園 「イエーイ!」
小島 「さあ!人もいっぱい!頑張るぞ!」
西ノ園 「やっと帰ってきた」
工藤 「もう部長が良い波を掴まえるか、テープが無くなるか んな感じでしたよ」
西ノ園 「残りのテープは?」
工藤 「あと10分かな」
西ノ園 「最後にクーヤンの立つところ撮ろうよ!」
小島 「そうすよ!もう ドカーンと!」
工藤 「ドカーンと! 今度は頭にグサッとね!」
小島 「いやいや!笑えないっす!」
西ノ園 「今日は体調の良くない工藤さんですが、この2日間を締めくくる意味で 波に乗ってもらいます」
小島 「もう、今年の夏は終わりますからね!」
西ノ園 「最後だよ!最後!」
小島 「・・最後です」
工藤 「・・・・・よし!乗りますよ!よ」
西ノ園 「人にぶつかるかと思った・・・」
西ノ園 「次の波がラストチャンス・・」
西ノ園 「どうですか、部長 この夏の最後は」
小島 「はい 西ノ園さんが立てたのが良かった!」
工藤 「・・・」
小島 「・・・あ」
西ノ園 「いや・・一瞬立ったから」
小島 「飛んだのオモロかったし」
工藤 「・・・どうせこういう役まわりですよ僕は」
工藤 「・・いや、ホントに良い夏だったよ」
西ノ園 「・・・ああ 楽しかった」
小島 「今日の事は、この夏で一番楽しかったと思います」
西ノ園 「・・・夏も終わりだね」
工藤 「・・サーフィン部も終わりですか部長?」
小島 「はい!夏も終わるから!」
工藤 「やった!」
小島 「秋にでもまた入りますか!」
工藤 「・・・・もう来ないよ、絶対」
小島 「だって結局「立ってない」じゃないすか!」
工藤 「・・じゃ、自転車乗って帰ろうか」
西ノ園 「俺が帰りは前に乗るよ」
小島 「ちょっと!ボードは?! もう!勝手に帰らないでくださいよ!! ちょっ!ジュンヤさん!!」
≪告知≫
ついに発売!!限定30枚!!
サーフィン部主題歌「We are surfing boys −俺達の夢−」
\500(別途送料\500頂きます。)

完売しなければサーフィン部は「ハッポウ・デ・ジョヤ」での展開に大きな異変が!
ジャケットはCD用に未発表のオリジナルショット!



今回アレンジメントを担当してくださった佐藤太さんからメッセージです
受付終了しました!
お申し込みありがとうございました。